家の外壁塗装を体験してわかったこと

塗装前には汚れを落とす

私が毎日会社に行っている間に、少しずつ外壁塗装が進んでいくのがわかります。
最初は、足場が設置されており、周りにネットがはられていた状態でした。
その後、高圧洗浄機をかけたようですが、高圧洗浄機で汚れを落としている様子を自分は見ていません。
業者が言うには、高圧洗浄機をかけなければ、汚れが落ちないとの事でした。
汚れが落ちなければ、その上に塗装をしても塗料が剥がれやすくなるためまんべんなく高圧洗浄機をかけてきれいにするようです。
その後、パテなどで補修を行っていたようですが、中の様子がよくわかりませんでした。
ただ、確実に作業が進んでいることだけは伺うことができました。
塗装がスタートしてから1週間以上が経過した頃、ようやく外壁の色が変わってきました。
今までアイボリーだった外壁が、茶色に変化したのです。
これは、打ち合わせの段階でアイボリーに加えて茶色も入れてほしいと伝えたためです。
その後、上塗りが行われて、ようやく外壁の塗装も最終段階に入ったといえます。
工事中は特に大きな事故などは起こりませんでしたが、途中で1日だけ大雨が降り中断をしました。
さすがに雨が降っているときに外壁の塗装をしても、塗料がうまくなじまず剥がれてしまうことがあるようです。
そのため、晴れた次の日から再び塗装のスタートをしたのです。

新築から15年で外壁の修復と塗装が必要になった塗装前には汚れを落とす屋根の塗装も同時に行う方がお得